ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

じじばば

こんにちは。ZeekなGoeです。
この前、初めてBARに行きました。
私は基本的に宅飲み人間なのですが、先日のウイスキーラバーズへ
行ってからというもの、BARへ行ってみたいという衝動に駆られるように。
 
仕事からの帰り道に寄れるBARを探しました。
そこで気になるBARがあったので、勇気を出して店内へ(`・ω・´)
 
いや~、最初はちょっと緊張しましたが、落ち着いた雰囲気の中
ウイスキーをゆっくり時間をかけて飲み、そして、バーテンダーの人と
大好きなウイスキーについて語りあう。
自宅とはまた違った楽しみ方を知ってしまいました(・∀・)
また、定期的に行こうかなと思います。
 
さて、今回紹介するお酒ですが、私の飲み仲間でもある親友が出張先で
買ってきたそうで、「気になる酒買ったから一緒に飲もうぜ!」と
わざわざ私の家まで持ってきてくれました。
それが、里芋焼酎じじばばになります。
まず、名前からしインパクト強すぎ( ゚Д゚)‼
そんでもって、里芋の焼酎ってなんなの( ゚Д゚)!!
はい、驚きの連続でございます。
面白いお酒を持ってきたな~(笑)

では、この焼酎を味わっていきましょう。
いったいどんな味わいなのでしょうか?
 
基本データ
タイプ:里芋焼酎
メーカー:芙蓉酒造協同組合
アルコール度数:25%
原材料:里芋、米、米麹
容量:720ml

ボトル表面
ビンは透明。真ん中に大きく「じじばば」と記載されており
インパクトがハンパないですね( ゚Д゚)!!
芋焼酎というアピールも強い為、誰が見ても
芋焼酎だわ!って思いますね(笑)
 
ボトル裏面』  
じじばばを作る過程や製造している土地の気候、風土の話が記載されており
この焼酎の良さを存分に語ってくれています。
 
【①ロック
色は無色透明。花の香りを思わせるような上品さがあります。
そして味わいは、かなり辛口でキレがあります。
ロックだとそのインパクトが伝わりやすいですね。
 
【②水割り
水割りを味わっていきましょう。
加水することで、ほんの少しですが甘みが前面に出てきました。
後口のキレはそのままで、飲みやすさが増しましたね。
 
 【③炭酸割り
シュワっと爽快な炭酸割りを試していきましょう。
水割りほどの甘みは感じず、アルコールの辛口な部分が目立ちますね。
甘くない炭酸としてはありかもしれませんが、今回の飲み方の中では
あまりおススメできないかもしれません(´・ω・`)
 
【④お湯割り
冬の季節にはもってこいのお湯割りです。
鼻に抜ける強めの香りに変わります。ただ、アルコールの刺激が強くなるかと
思いきや、意外にも甘みが増しました。これはおいしいですね(・∀・)
 
飲み方によるおススメ度】※私個人の見解です。
①ロック→△ ②水割り→〇 ③炭酸割り→× ④お湯割り→〇
 
焼酎に対する総評】※私個人の見解です。
『飲みやすさ』
   まろやか ・ ・ ・ 〇 ・ クセが強い
       
『味』
     甘い ・ ・ ・ 〇 ・ 辛い

『流通(入手難易度)』
         いただいた焼酎の為、評価せず
 
今回は、里芋焼酎 じじばばを紹介しました。
いろいろな種類の焼酎があるな~とは思っていましたが、里芋焼酎
初めてでした。これを買ってきた親友には感謝ですm(__)m
 
実際、米、芋、麦などいろいろな種類の焼酎があり、まだまだ
私の知らない焼酎も山ほどあると思いますので、出会う機会がある焼酎は
どんどん紹介していきたいと思います。
 
それでは、みなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)