ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

スペイサイドモルトカステラ

こんにちは。ZeekなGoeです。
先日、最近行きつけにしているBARに行ってきました。
あれから、ちょくちょく足を運ぶようになったのですが、ゆっくりとした
時間の中で飲むお酒に、癒されます(・∀・)
仕事が終わって、ただ帰るだけの毎日だとダメですね。
どこかへふらっと寄ることで、気分転換になるものだと、最近つくづく思います。
 
さて、しんみりしてしまったので、本題に入りたいと思います。
1月に行ったウイスキーラバーズ名古屋2019で購入したお土産です。
Taro's Barさんのブースで売られていたスペイサイドカステラを紹介します。
また、Taro's Barのお店ではいろいろな種類のカステラを食べることが
できるみたいです。
(数に限りがあるので、事前に問い合わせした方がいいかもしれません)
お近くに住んでいる方、足を運んでみてもいいかもしれません。
下記にHPのリンクを貼っておきます。
 
「Taro's Bar HP」
 
ちなみに、このカステラはウイスキーが含まれているので
食後の車の運転は絶対にしてはいけません(`・ω・´)

基本データ
原材料:卵、砂糖、小麦粉、蜂蜜、水あめ、ウイスキー
 
パッケージ表面
えんじ色の包装紙の中央にラベルが貼ってあります。
樽を思わせる木材調がオシャレですね。
 
内装
包装紙を外すと中に箱が入ってます。
左の写真が最初の箱、右の写真がさらに中に入っている箱です。
2箱に入っているってかなり厳重ですね( ゚Д゚)!!
 
中身
ドドーンとカステラがでてきました。大きさでいうと4~5切分ですね。
中央には「Taro's Bar」の焼き印がイイ感じですね。
ウイスキーの香りが素晴らしいです。
口にすると、ウイスキーのピリッとした辛味のような刺激とともに
蜂蜜のふんわりとした甘さが広がります。
生地はしっとりしていますが、ベトつきは少ないです。
しっかりした甘さはあるのに、優しい口当たりで意外にも後味はあっさりです。
ウイスキーの香りが強く残り、いつまでも余韻を楽しめます。
 
せっかくなのでウイスキーと一緒に食べてみましょう。
銘柄はスコッチのスペイサイド地方に属するザ・グレンリベット12年です。
ザ・グレンリベット12年は、刺激が少なめで、まろやかさが特徴です。
カステラを食べた後にザ・グレンリベット12年を口にすると
このカステラの甘さとウイスキーの味が双方の良さを引き上げてます。
至福の時間ですね~、サイコー(*‘∀‘)
 
今回は、スペイサイドカステラを紹介しました。
このカステラ、珍しい逸品ですので、今度ウイスキーラバーズ名古屋に
行かれた方は、こちらを購入されてはいかかでしょうか?
ちなみに1月に開催されたウイスキーラバーズ名古屋2019では
完売したそうです( ゚Д゚)!!

それでは、みなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)