ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

【焼酎】薩州 呂布

こんにちは。ZeekなGoeです。

最近、仕事が忙しく、記事をアップするタイミングにムラがあります。

定期的に記事をアップしていくほうがいいのでしょうが、なかなか難しいですね。

しばらくは、アップタイミングにムラがありますが、ご了承くださいm(__)m

 

 

さて、今回紹介するのは麦焼酎の薩州 呂布です。

以前、このブログで記事にした薩州 赤兎馬濱田酒造株式会社が

製造している焼酎になります。

呂布と言えば、三国志に出てくる最強の武将の名称です。

「人中の呂布、馬中の赤兎馬」と言われるほどです。

自分がやっていた三国志のゲームでも、強すぎました。

何回ボコボコにされたことが(笑)

 

ちなみに薩州 赤兎馬の記事は下記になります。よかったら覗いてみてください。

 

以前、酒屋で偶然見かけて以来、気になっていました。

しかし、なかなか購入するキッカケが無く、買うことがありませんでした。

 

先日、薩州 赤兎馬が大好きな私の父親の一言がキッカケになりました。

赤兎馬無くなったから、今はテキトーな麦焼酎飲んでるよ」と。

 

おっ!麦焼酎飲んでいるなら、薩州 呂布を勧めてみるかと思い、購入しました。

1500円ぐらいだったと思います。

 

余談ですが、父親は芋焼酎がもともと苦手でしたが、薩州 赤兎馬なら

飲めるかな~と思い、勧めてみたところ、大ハマりしております(笑)

 

というわけで、今回も父親にハマってもらいましょう(・∀・)

しかし、自分が飲まずに勧めるのは嫌なので、しっかりレビューして

いきたいと思います。


【基本データ】

タイプ:麦焼酎

メーカー:濱田酒造株式会社

アルコール度数:25%

原材料:麦、麦麹

容量:720ml

 

【ボトル表面】

ビンの色はダークグリーン。紫のラベルに大きく呂布と記載されています。

基本的にビンの形や色、ラベルのデザインは薩州 赤兎馬と同じような感じです。

三国志に出てくる呂布赤兎馬の関係性をしっかりとイメージさせてますね。

f:id:Zeek-Goe:20190404001129j:plain f:id:Zeek-Goe:20190404001141j:plain

 

 


【ボトル裏面】 

裏面には、呂布に関しての説明が記載されています。

もちろん、赤兎馬との関係もしっかりと記載されています。

裏面のラベルも薩州 赤兎馬と同じようなデザインです。 

f:id:Zeek-Goe:20190404001156j:plain f:id:Zeek-Goe:20190404001210j:plain

 


【①ロック】
色は無色透明。ほのかに甘い香り。

一口味わってみると、完熟バナナを連想させるようなフルーティーな甘味が

最初にきますが、その後アルコールの刺激が口内を支配します。

しかし、このアルコールの刺激も氷が溶けてくると、徐々に薄まり

フルーティーな甘味だけが残るようになります。

f:id:Zeek-Goe:20190404001225j:plain

 

 

【②水割り】
水で割っていきましょう。

ロックよりも、非常に甘味が強くなり、飲みやすさが倍増しました。

これ、ホントに麦焼酎?って聞きたくなるほどです。

このフルーティーさは、ほかに類を見ないぐらい、衝撃です。

f:id:Zeek-Goe:20190404001243j:plain

 

 

【③炭酸割り】
炭酸で割っていきましょう。あれだけ甘味の強い味わいが

だいぶ弱くなりました。その分、アルコールの苦みが強くなり

あれっ?あの甘さはいったいどこに?というのが正直な感想です。

お~い、甘味帰ってこ~い(笑)

炭酸との相性はイマイチなのかもしれませんね(´・ω・`)

f:id:Zeek-Goe:20190404001321j:plain

 

 

【④お湯割り】

お湯で割ってみますよ!やはりお湯で割ると香りがすごい広がりますね。

ただ、甘味よりアルコールの味わいが強くなりましたね。

アルコール感が強いお酒の奥に、甘味がひょっこりいるみたいな印象ですね。

割るものが、水か炭酸かお湯か全然印象が変わりますね。

f:id:Zeek-Goe:20190404001436j:plain

 

 
【飲み方によるおススメ度】※私個人の見解です。

①ロック→△ ②水割り→〇 ③炭酸割り→× ④お湯割り→△

 


【焼酎に対する総評】※私個人の見解です。


『飲みやすさ』

   まろやか ・ 〇 ・ ・ ・ クセが強い

       
『味』

     甘い 〇 ・ ・ ・ ・ 辛い

 

『流通(入手難易度)』

     簡単 ・ ・ 〇 ・ ・ レア

 

今回は、薩州 呂布という麦焼酎を紹介しました。

薩州 赤兎馬があったので実は呂布もあったりするんだろうな~

と思っていましたが、やっぱりありました(笑)

 

薩州 赤兎馬と比べると、フルーティーさでは、どちらも同じような感じですが

薩州 赤兎馬はブドウを思わせるような甘味でした。

一方、薩州 呂布は完熟バナナを思わせるような甘味で

同じ甘味でも味わいは全然違うということに驚きでした。

 

焼酎で甘めが好きだったり、麦焼酎好き、はたまた三国志好き(笑)には

おススメの逸品ですね。よかったらぜひどうぞ!

 

このお酒の広告です。

 

 ブログランキング参加中です。この記事良かった!って
思っていただけましたら、上記タグのクリックをお願いします。

 

それでは、みなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)