ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

【ウイスキー】ザ シングルトン ダフタウン12年

こんにちは。ZeekなGoeです。

先日、会社の健康診断がありました。今、一番気になるのは血液検査ですね。

血糖値が気になるお年頃なのです(´・ω・`)

まだ、詳細な結果は分かっていませんが、大丈夫だと思います。

多分・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

さて、今回紹介するお酒はウイスキーのザ シングルトン ダフタウン12年です。

こちらは、スコッチウイスキーの1つで、スペイサイドにある

ダフタウン蒸留所で製造されているウイスキーです。

このウイスキーは、ブレンデッドウイスキー「ベル」のキーモルト

なっているウイスキーです。

 

以前、酒屋のリカーマウンテンを徘徊?していたら、店員さんが

「こ~ゆ~お酒が入荷しました!」って言うのでいろいろお話を聞いたところ

99%はブレンデッド用に出荷されているのですが、1%だけシングルモルトとして

発売している希少価値が高いウイスキーだそうです。ホントかな(。´・ω・)?

 

また、「どのウイスキーのキーモルトに使用しているんですか?」って質問

したところ、「いろいろ調べたんですけどね、分かりませんでした!」

と言っていたので、大丈夫かな(´・ω・`)と思いつつも、購入しました。

ちなみにオマケでハイボールグラスが付いてきました。ラッキー(・∀・)

 

帰宅してから、キーモルトにしているウイスキーを調べたら「ベル」でした。

案外、すぐ分かりました。あの店員さん、ホントに調べたのかな?

まあ、キーモルトの質問してくる客なんて珍しいのでしょうかね。

見たこと無いウイスキーが手に入ったので、結果的には全然OKですよ(笑)

キリンが輸入しているそうで、サイトがありました。


お店のおススメとしては、すご~くハイボール推しでしたが

実際はどうでしょうか。楽しみです。


【基本データ】

タイプ:シングルモルト

原産国:スコットランド

蒸留所所在地:スペイサイド ダフタウン蒸留所

アルコール度数:40%

原材料:モルト

容量:700ml

 

 

 

【ボトル表面】
ウイスキーでイマイチ分かりづらいですが、ビンは薄いグリーンです。

それから、白とベージュのラベルに大きく銘柄が書いてあります。

そして、上段には魚のイラスト。これ何の魚ですかね???

スペイ川を泳いでいる魚でしょうか。 ←調べないのかいヾ(`Д´*)ノ

 f:id:Zeek-Goe:20190414231424j:plain f:id:Zeek-Goe:20190414231509j:plain

 

ちなみに、このビンで驚いたことがあります。

それは、ほかのビンには無い、厚みの無さ。薄っぺらいです( ゚Д゚)!!

別のウイスキーのビンと比較すると、下の写真のような感じです。

 f:id:Zeek-Goe:20190417003849j:plain

 


【ボトル裏面】  
裏面は、表面と反対で、黒いラベルですね。

また、30mlなら23杯飲めるだとか、カロリー表示まで記載されています。

何事にもカロリーを気にする時代ですので

これはありがたい。ですかね~?ん~?

f:id:Zeek-Goe:20190417003939j:plain f:id:Zeek-Goe:20190417004008j:plain

 


【①ストレート】
色は茶色が強めの琥珀色。レーズンを思わせるような甘いフルーティーな香りです。

味わってみると、甘味が一気にくるなかに、少しだけ樽の苦みと

ピートのスモーキーさを感じます。

12年熟成の為、アルコールのトゲトゲしさは、かなりまろやかになっており

ストレートでも十分飲みやすいです。

f:id:Zeek-Goe:20190417004046j:plain

 

 
【②ロック】
ロックですね。甘味より樽の苦みとピートのスモーキーさが強くなりました。

特に後味は甘味より苦みが断然強く、しばらく舌に残る印象です。

氷が溶けてきても、味わいの変化はそこまでないですね。

f:id:Zeek-Goe:20190417004114j:plain

 


【③水割り】
水割りにしてみます。甘味とともに多少、酸味を感じます。

飲みやすくはなりました。しかし、このウイスキーの味の深みが

薄くなった気がします。

この水割りの味わいなら、ノンエイジのジャパニーズウイスキーでも

十分に味わえる気がします。

f:id:Zeek-Goe:20190417004142j:plain

 

 

【④ハイボール
さあ、炭酸で割っていきましょう。

ちなみに写真のグラスは、このウイスキーを購入した際に

オマケとして一緒についてきたものです。

こういったグラスで飲むのも、いいですね~(・∀・)

肝心の味ですが、甘味とともに酸味がグッと強くなりました。

苦味自体はほとんど無くなり、飲みやすさ+爽快感が素晴らしいです。

この酸味なら、柑橘系の果汁を絞る必要もありませんね。

これ、今まで飲んだハイボールでも上位に入る美味しさです。

酒屋がおススメするだけありますね!!

f:id:Zeek-Goe:20190417004213j:plain

 

 

【飲み方によるおススメ度】※私個人の見解です。

①ストレート→〇 ②ロック→△ ③水割り→× ④ハイボール→〇

 


ウイスキーに対する総評】※私個人の見解です。


『香り』

 フルーティー ・ 〇 ・ ・ ・ スモーキー

       


『味』

     甘い ・ 〇 ・ ・ ・ 辛い

 

『流通(入手難易度)』

     簡単 ・ ・ 〇 ・ ・ レア

 

 

今回は、ザ シングルトン ダフタウン12年を紹介しました。

酒屋さんに行くと、まだまだ知らないウイスキーがたくさんあります。

このウイスキーもそんな中の1本でした。

 

ジャパニーズウイスキーの原酒不足により、手に入りづらい状況を

逆手に取ったかのごとく、スコッチウイスキーの進出が加速している

気がします。

そ~ゆ~意味では、他の国のウイスキーに触れる絶好のチャンスかも

しれませんね。

私のブログで、少しでも参考になれば、うれしく思います。

 

今回のお酒の広告です。

 

ブログランキング参加中です。この記事良かった!って
思っていただけましたら、下記タグのクリックをお願いします。

【人気ブログランキング

ブログ村ランキング】

 にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

 

それでは、みなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)