ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

【BAR飲み】スキャパ12年

こんにちは。ZeekなGoeです。

 

先日、いらなくなったぬいぐるみを人形供養に出してきました。

UFOキャッチャーの景品たちです。

結構、数があり、そして年月経ったせいか色あせているものばかりでした。

 

さすがに、そのままゴミの日に出すのは気が引けたので、人形供養にしました。

私が人形供養に出した神社は、1kgまでなら2500円というところでした。

 

正直、相場が分からないので値段が妥当なのか判断できません(´・ω・`)

しかし、ゴミの日に出す罪悪感に比べれば、気分は少しはマシでした。

最終的には、よかったと思っています。

 

もし、ぬいぐるみを捨てたくても捨てられない方、一度人形供養

検討してみてはいかかでしょうか?

 

 

 

 

さて、今回はBAR飲み記事です。

スコッチウイスキーのスキャパ12年をレビューしていきたいと思います。

一体、どんな味わいなのでしょうか?

 

【目次】

 

 

このお酒について

【お酒概要】

スキャパ12年は、スコットランド最北端のスキャパ蒸留所で

作られているシングルモルトウイスキーです。

 

スキャパ蒸留所は1994年に一度操業を停止しており

そこからはハイランドパーク蒸溜所の従業員が時折スキャパに出向し

設備を維持するために蒸溜を続けていたそうです。

そして2004年から全面的に操業を開始したとのことです。

 

このスキャパ12年は終売品であり、今では手に入れることが

困難となっています。

今現在、一般に流通するスキャパ12年とは違いますのでご注意を!!

 

実際、このBARのオーナーも、スキャパ12年をおススメする

お客さんを選んでいる傾向が見られました。違ったらゴメンナサイ(>_<)

ちなみに、棚の割と奥に置かれていたので、パッと見では分かりません(笑)

 

ただ、この希少価値の高いスキャパ12年をおススメしてくれた

オーナーには感謝ですね。

 

表面と裏面はこんな感じで、シンプルなデザインの中にも歴史を感じます。

f:id:Zeek-Goe:20190602163252j:plain f:id:Zeek-Goe:20190602163304j:plain

 

       

 

 

 

【感想】

ストレートでいただきました。

スモーキーさよりは、花や蜜、果物を感じさせる

フローラルやフルーティーな香り。

ほかの12年物のウイスキーに比べ、香りを強く感じ

30年物かと思うほどの衝撃を受けました。

この熟成年数で、ここまで香りの強いウイスキーは初めてかもしれません。

 

味わってみると、フルーティーな味わいが香りの強さも相まって

口の中で一気に広がります。

正直、ここまで感動できるウイスキー久しぶりですね。

水を数滴加えると、その香りがさらに強くなります。

すげ~!!このウイスキーすげぇよ!!アニキ!! ←アニキって誰だよヾ(`Д´*)ノ

 

ふとオーナーの顔をチラ見すると、ニヤリとしてました(笑)

また、してやられました(*ノェノ)

f:id:Zeek-Goe:20190602163213j:plain

 

 

 

 

あとがき

今回は、スキャパ12年を紹介しました。

このウイスキー、きっとボトルで買うとウン万円する逸品だと思います。

 

正直、1ショットのお値段が高めでしたが、その価値は十分にある

ウイスキーだと思います。むしろこのウイスキーを飲めたことに感謝ですね。

 

また、BARに行くことがあれば、どんどんウイスキー

紹介しようと思います。乞うご期待!!

 

 

 

 

過去の関連記事

BAR飲みに関する関連記事をいくつかご紹介します。

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。この記事良かった!って
思っていただけましたら、下記タグのクリックをお願いします。

【人気ブログランキング

ブログ村ランキング】

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

 

 

それでは、みなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)