ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

【ウイスキー】ブナハーブン12年

こんにちは。ZeekなGoeです。

当ブログへのご訪問、ありがとうございますm(__)m

26日の更新の予定でしたが、私自身の都合で、27日となりました。

申し訳ありませんm(__)m

 

さて、突然ですが、皆様はウイスキーのボトルって購入されますか?

最近、割と安価なウイスキーは、ボトルで購入すると特典が付いてきたりします。

 

また、特典付きのウイスキーボトルは大抵、通常版と同じ値段で売っていたり

するので、お得感が満載ですね(・∀・)

 

以前、ブラックニッカクリアを購入した時は、ハイボールグラスだったり

ジガーカップ(ウイスキーの量を測るBARツール)が付いてきたりしました。

f:id:Zeek-Goe:20191227170449j:plain f:id:Zeek-Goe:20191227170621j:plain

こういったグラスやBARツールって実際に買うとそれなりの出費だったりするので

個人的には、かなり重宝しています。

そのせいで、特典付きのウイスキーボトルを見かけると、買いたい衝動に

駆られるようになってしまいました(笑)

 

皆様もウイスキーボトルを購入する際は、特典付きを選んでみてはいかかでしょうか?

ちょっとした特別感を感じながらウイスキーを楽しめると思います。

 

 

 

 

さて、本題です。

今回は、ウイスキーの記事をレビューしていきたいと思います。

銘柄は「ブナハーブン12年」になります。

酒屋さんで4000円程で購入しました。

では、さっそく試していきましょう!

f:id:Zeek-Goe:20191222185803j:plain

 


[目次]

 

 

 

 

このお酒について

【お酒概要】

スコットランドアイラ島にあるブナハーブン蒸留所で製造されている

シングルモルトタイプのウイスキーです。

日本での輸入販売会社はアサヒビール株式会社となっています。

 

アイラ島ウイスキーと言えば、ラフロイグアードベッグなど

強烈なピート香で、キツめのスモーキーフレーバーが特徴となっています。

 

しかしブナハーブンの特徴としては、強烈なピート香がほとんど無く

スモーキーフレーバーもほとんど感じないような味わいとなっています。

あえてアイラ島ウイスキーの代名詞を真逆に行ったという

ちょっと変わったウイスキーです。

 

ブナハーブン12年は、ブナハーブン蒸留所で熟成された12年以上の原酒を

バッティングした逸品となっています。

ちなみに、1滴でも12年以下の原酒が混ざると12年を表記することが

できません。

 

アサヒビール株式会社に商品紹介サイトがありましたので

よろしければどうぞ↓↓↓

www.asahibeer.co.jp

 

 

 

【基本データ】

タイプ:シングルモルト

原産国:スコットランド

蒸留所:ブナハーブン蒸留所

輸入メーカー:アサヒビール株式会社

アルコール度数:46%

原材料:モルト

容量:700ml

 

 

 

【ボトル表面】

黒っぽい茶色のボトル。中央にはおじさんのイラスト。

ちなみにこのおじさんが何者なのかは分かりません(笑)

あとは赤のラベルで表記された12の文字。

シックで落ち着いた雰囲気の、大人を感じさせるボトルですね。

f:id:Zeek-Goe:20191222185914j:plain f:id:Zeek-Goe:20191222185932j:plain

 

 

 

【ボトル裏面】

裏面は、きっと詳細な説明が記載されていると思うのですが

全て英語なので読めません(´・ω・`)

翻訳できる方だけが、内容を楽しめるようになっています(笑)

f:id:Zeek-Goe:20191222190016j:plain f:id:Zeek-Goe:20191222190033j:plain

 

 

 

 

色・香り・味わい・飲み方比較

【①ストレート】

色は琥珀色。アイラモルトにしては珍しいラムレーズンのような

フルーティーな香り。そこにオレンジを思わせる酸味系の香りも。

燻製っぽいスモーキーな香りは、ほとんどないですね。

味わいは、フルーティーな香りとは違って、スパイシーな辛味が

前面にきます。この辛味の中に塩辛さも感じます。

多少、フルーティーな甘味は感じますが辛味→苦味という流れできますね。

余韻も辛味と苦味が強く残りますが、不思議とアルコールのトゲトゲしさは

そこまで感じません。

このウイスキーは、割と辛口のウイスキーを好む人向けかもしれませんね。

f:id:Zeek-Goe:20191222190142j:plain

 

 


【②ロック】

ロックです。ストレート時と甘味の印象は変わらず

スパイシーな辛味が増した感じがあります。

そして、辛味から苦味に変化していき、余韻としてしばらく口の中に残る感じですね。

ストレートの時よりも、水が加わった分、辛味をはっきりと感じるようになりました。

ストレートでも感じたことですが、アイラ島ウイスキーはピート香を弱めると

塩辛さが目立つようになるのですね。驚きです( ゚Д゚)!!

f:id:Zeek-Goe:20191222190204j:plain

 

 


【③水割り】

水割りです。あれだけ塩辛かった味わいが弱まり、逆に甘味が強くなりました。

個人的には、甘味、辛味、苦味のバランスがよくなり、とても美味しく感じます。

シングルモルトのスコッチウイスキー12年物というと、どうしても水割りは

合わない印象がありましたが、なぜだか水割りがすごく美味しいです(・∀・)

やっぱり先入観だけではなく、実際にいろいろな飲み方を試してみないと

分からないものですね。

f:id:Zeek-Goe:20191224233315j:plain

 

 


【④ハイボール

ハイボールです。水割り同様に、甘味が強く、辛味がマイルドになったので

とても飲みやすいです。

後味の余韻も強すぎず、スッと引いていく感じが、たまらんですね(・∀・)

個人的には、水割りorハイボールがおススメですね。

f:id:Zeek-Goe:20191224233342j:plain

 

 

 


飲み方によるおススメ度

 
①ストレート→△ ②ロック→△ ③水割り→〇 ④ハイボール→〇

 
※私個人の見解です。

 

 

 

 

 

総評

『香り』

 フルーティー ・ 〇 ・ ・ ・ スモーキー


『味』

     甘い ・ ・ ・ 〇 ・ 辛い


『流通(入手難易度)』

     簡単 ・ 〇 ・ ・ ・ レア

 

※私個人の見解です。

 

 

 


あとがき

今回は「ブナハーブン12年」をレビューしました。

アイラモルトウイスキーっぽくない、アイラモルトウイスキーでした(笑)

しかし、その味わいは、とても美味しかったです!

酒屋さんであれば、大抵は置いてあると思いますので

入手はそこまで難しくないと思います。

ピート香が強いのは苦手だけど、アイラモルト特有の海を感じさせる

塩辛さを味わいたい!っていう方には、オススメですね!

 

 

 

 

今回のお酒広告

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【包装不可】 ブナ ハーブン 12年 46.3度 箱付 700ml
価格:4224円(税込、送料別) (2019/12/27時点)

楽天で購入

 

 

 

 

過去の関連記事

アイラモルトウイスキーの記事を集めました。

www.zeek-goe.xyz

www.zeek-goe.xyz

www.zeek-goe.xyz

www.zeek-goe.xyz

www.zeek-goe.xyz

 

 

 

 

その他

当ブログを読んでいただきありがとうございます。

また読んでもいいな~って、思っていただいた方

ぜひ読者登録をお願いしますm(__)m

 

また、ブログサークルやTwitterもやっていますので

フォローしていただけると嬉しいです。

 

読者登録返しやフォロー返しさせていただきます(笑)
 

ブログランキングにも参加中です。この記事良かった!って

思っていただけましたら、下記タグのクリックをお願いします。

【人気ブログランキング】 

 

ブログ村ランキング】

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

次回の更新は12月29日を予定しています。

(都合により、更新日を変更する場合がありますので、ご了承ください)

 

それではみなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)