ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

【ジン】エンプレス 1908 ジン

こんにちは。ZeekなGoeです。

当ブログへのご訪問、ありがとうございますm(__)m

 

[目次]

 

 

 

 

本日の前フリについて

6月21日ということで、父の日ですね。

私は、毎度のことながらウイスキーを送りました。

送ったのはこちら↓↓↓

www.zeek-goe.xyz

www.zeek-goe.xyz

父親が昔から好きで、父親曰く懐かしさも味わえるこのウイスキーをチョイス

しました。

父親の世代では、この辺りのウイスキーがとても懐かしくて美味しいんだとか。

送ったお酒をすごく喜んでくれていたので、なによりです(・∀・) 

みなさんも、父の日にプレゼントして日頃の感謝を伝えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

本題について

さて本題です。今回はジンの記事になります。

銘柄はカナダのジンである「エンプレス 1908 ジン」です。

カナダのジンは初めてなので、非常に楽しみな逸品です。

では、さっそくレビューしていきましょう!

 

 

 

 

このお酒について

【お酒概要】

このお酒は、カナダにある「ヴィクトリア蒸留所」とヴィクトリア州を象徴する

老舗「ザ・フェアモント・エンプレス・ホテル」との共同開発によって生まれた

カナディアンジンとなります。

一番の特徴であるインディゴブルーの色合いは、バタフライピーの花から抽出

されています。

バタフライピーは日本ではチョウマメと呼ばれる植物で、花の抽出液を用いた

ハーブティーが有名だったりします。

ja.wikipedia.org

 

 

 

【基本データ】

タイプ:マジカルジン

原産国:カナダ

蒸留所:ヴィクトリア蒸溜所

輸入メーカー:株式会社都光酒販

アルコール度数:42.5%

原材料:スピリッツ

ボタニカル:ジュニパーベリー、フェアモント・エンプレスブレンドティー

      グレープフルーツの皮、コリアンダーの種、ローズペタル、

      シナモン樹皮、バタフライピーの花、根生姜

容量:750ml

 

 

 

【ボトル表面】

ボトルは透明。割とスリムでシンプルな形となっています。

ビンに巻き付けるかのように、長細いラベルが貼り付けられています。

斜めに貼り付けてあるのが、妙にオシャレですね(・∀・)

f:id:Zeek-Goe:20200620220413j:plain f:id:Zeek-Goe:20200620220438j:plain

 

 

 

【ボトル裏面】

裏面は、日本への輸入用で、日本語表記のラベルが貼り付けられています。

その他は、英語なので読めません(笑)

f:id:Zeek-Goe:20200620220638j:plain f:id:Zeek-Goe:20200620220707j:plain

 

 

 

 

色・香り・味わい・飲み方比較

【①ストレート】

では、ストレートで、このジン本来の味わいを試してみましょう!

色は青色。正確にはインディゴブルーというのが正しいかもしれません。

香りですが、ジンによくあるジュニパーベリーと、スパイスのような刺激臭、

柑橘系のフルーティーさが香ります。

口に含んだ瞬間に、強い刺激が来ます。アルコールの辛味だけではなく、スパイス系

のスパイシーな辛味です。

その後、ひっそりと柑橘系の甘味や酸味が来ますが、この時点で軽く舌が痺れて

います(笑)

刺激大好きな猛者(?)の方には、おススメですが、ちょっと人を選びそうな

飲み方です。

f:id:Zeek-Goe:20200620221539j:plain

 

 

 

【②ジンリッキー

炭酸水で割るジンリッキー(ジンソーダ)です。

炭酸水で割ったことにより、とてもキレイなスカイブルーとなりました。

味わいですが、炭酸水の影響なのか、強く苦味が残り柑橘系の酸味が奥に隠れてしまいました。

様々なボタニカルから得られる複雑な味わいのジンですが、個性が多少失われている気がします。

あまりおススメできないですね(´・ω・`)

f:id:Zeek-Goe:20200620221900j:plain

 

 

 

【③ジントニック

ジントニックです。この飲み方が一番の目玉ではないでしょうか。

なぜなら、あのインディゴブルーがトニックウォーターを入れることによって

紫色に変化します。これはすごいです( ゚Д゚)!!

いつもより、写真多めでお送りします(笑)

パーティーとかで、ウケそうなパフォーマンスになりそうです。

味わいですが、柑橘系の酸味だったり苦味がトニックウォーターによって、

バランスよく融合している印象を受けました。

個人的には、一番おススメの飲み方ではないでしょうか。

(色の変化という点も含めて)

f:id:Zeek-Goe:20200620222319j:plain f:id:Zeek-Goe:20200620222338j:plain

 

f:id:Zeek-Goe:20200620222401j:plain f:id:Zeek-Goe:20200620222429j:plain

 

f:id:Zeek-Goe:20200620222449j:plain f:id:Zeek-Goe:20200620222507j:plain

 

f:id:Zeek-Goe:20200620222528j:plain

 

 

 

【④ジンバッグ】

ジンジャーエールで割るジンバッグです。

あの鮮やかなインディゴブルーの色合いが見事に消えました(笑)

ジンジャーエールの茶色、恐るべし( ゚Д゚)!!

味わいですが、思っている以上にジンの味わいが弱まり、ジンジャーエール

強いです。

このジンは、ジンの中では味わいとしての主張は弱めなので、ジンバッグには

向かないですね。

f:id:Zeek-Goe:20200620223246j:plain

 

 

 

 

飲み方によるおススメ度

ストレート→△ ②ジンリッキー→× ③ジントニック→〇 ④ジンバッグ→×

 

※私個人の見解です。

 

 

 

 

総評

『香りの強さ』

 弱い ・ ・ ・  ・ 強い


『味(甘味)』

 弱い  ・ ・ ・ ・ 強い


『味(辛味)』

 弱い ・ ・ ・  ・ 強い


『味(酸味)』

 弱い ・ ・  ・ ・ 強い


『味(苦味)』

 弱い ・ ・ ・  ・ 強い


『アルコール感』

 弱い ・ ・ ・ ・  強い


※私個人の見解です。

 

 

 

 

あとがき

今回は、「エンプレス 1908 ジン」をレビューしました。

ジントニックを入れることによって、色合いが変化する非常に面白いジンでした。

こういったちょっとオシャレなジンを所持しておくと、ホームパーティーをする際に

重宝するかもしれませんね(・∀・)

興味がある方は、一度購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

今回のお酒広告

 

 

 

 

過去の関連記事

過去にレビューしたジンの記事になります。

www.zeek-goe.xyz

www.zeek-goe.xyz

www.zeek-goe.xyz

 

 

 

 

その他

当ブログを読んでいただきありがとうございます。

また読んでもいいな~って思っていただいた方、ぜひ読者登録をお願いしますm(__)m

 

ブログサークルやTwitterもやっていますのでフォローしていただけると嬉しいです。

読者登録返しやフォロー返しさせていただきます(笑)
 

ブログランキングにも参加中です。この記事良かった!って思っていただけましたら

下記にあるバナーのクリックをお願いします。

【人気ブログランキング

 

ブログ村ランキング】

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

次回の更新は6月24日の朝を予定しています。

(都合により、更新日を変更する場合がありますので、ご了承ください)

 

それでは皆さん、よいのんべぇライフを(・∀・)