ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

【焼酎】虎斑霧島

こんにちは。ZeekなGoeです。

 

先日、参議院選挙がありましたね。

皆さんは投票に行かれましたか?

私は、欠かさず行くようにしています。

 

今回は、「れいわ新選組」と「NHKから国民を守る党」が

いろいろと話題になってました。

話題性のある参議院選挙だったので、個人的にはすごく注目しました。

次回の選挙も話題性があるといいな~っと思っています(笑)

 

 

 

 

さて、今回は芋焼酎の記事です。銘柄は「虎斑霧島」となります。

さっそくレビューしていきましょう!!

 

 

【目次】

 

 

 

 

このお酒について

【お酒概要】

黒霧島」や「赤霧島」でおなじみの霧島酒造株式会社から

発売されている芋焼酎です。

ちなみに「とらふきりしま」と読みます。

 

キャッチコピーは「がるっと ふわっと 虎斑霧島」だそうです・・・。

公式サイトの説明によると、がるっとしたキレのあるナチュラルな苦みと

ふわっと広がる華やかな香りと甘みのことだそうです。

 

ふわっとは、何となく想像できますが、がるっとは難しいですね(´・ω・`)

 

この虎斑霧島最大の特徴としては、2種類の米麹(黄麹、黒麹)を

使用しているところです。

 

黒麹はキレやなめらかさを支え、黄麹は華やかに香るという2つの麹を

融合させることで、今までとはちょっと違った味わいを楽しめる

芋焼酎となっています。

 

公式サイトでの説明がありますので、下記にリンクを貼っておきます。

www.kirishima.co.jp

 

 

 

【基本データ】

タイプ:芋焼酎

メーカー:霧島酒造株式会社

アルコール度数:25%

原材料:さつまいも(九州産)、米麹(国産米)

容量:900ml

 

 

 

【ボトル表面】

ビンは茶色。虎を連想させるド派手なラベル。

最初見た時のインパクトがハンパなくて、「霧島酒造どうしたぁぁ( ゚Д゚)⁉」

と思ってしまいました(笑)

f:id:Zeek-Goe:20190722225750j:plain f:id:Zeek-Goe:20190722225806j:plain

 

 


【ボトル裏面】 

裏面も何となく虎感を残しつつ、ビッシリと説明が記載されています。

ここまで説明しますか?って言うほどの記載量です。

f:id:Zeek-Goe:20190722225827j:plain f:id:Zeek-Goe:20190722225839j:plain

 

 

 

 

色・香り・味わい・飲み方比較

【①ロック】

色は透明。芋のフルーティーな香りとアルコールの強い刺激。

味わいは芋のフルーティーな甘味のはずですが、一瞬ブドウを思わせる

味わいも感じました。

その後、アルコールの強い辛味が広がりますね~。

後味は、ほのかな甘味と微かに残るアルコールのピリピリ感。

氷が少しずつ溶けることにより、甘味が徐々に強くなっていきます。

f:id:Zeek-Goe:20190722225858j:plain

 

 

 

【②水割り】

水割りです。水で割ると、アルコールの辛味が弱まる分

芋の甘味が相対的に強くなりますね~。

後味もしっかり甘味が残って、芋の甘味の余韻を感じることができます。

いや~、飲みやすいですね!

f:id:Zeek-Goe:20190722225921j:plain

 

 

 

【③炭酸割り】

炭酸で割ってみましょう。水割りほど芋の甘味が強くなった印象はありませんね。

多少、苦味が出てきました。謎の苦味です。後味も若干、苦味が残ります。

そして、全体的に味がぼんやりとした印象を感じました。

美味しくないわけでは無いですが、あえて炭酸割りにするのは微妙かも(´・ω・`)

f:id:Zeek-Goe:20190722225939j:plain

 

 

 

【④お湯割り】

お湯割りです。芋の甘い香りとアルコールの香りが

一気に広がりますね。さすがお湯割りです。

口に含むと、甘味が先行してますが、そこからアルコールの辛味が

追いかけてきますね。

後味は、芋の甘味の余韻が続きます。

意外にもお湯割りは、私の予想に反してすごく美味しいですね。

f:id:Zeek-Goe:20190722225953j:plain

 

 

 

 

飲み方によるおススメ度・総評・あとがき

【飲み方によるおススメ度】

 

①ロック→△ ②水割り→〇 ③炭酸割り→× ④お湯割り→〇

 

 ※私個人の見解です。

 

 


【焼酎に対する総評】 

『飲みやすさ』

   まろやか ・ ・ ・ 〇 ・ クセが強い

       


『味』

     甘い ・ 〇 ・ ・ ・ 辛い

 

 

『流通(入手難易度)』

     簡単 ・ ・ 〇 ・ ・ レア

 

 ※私個人の見解です。

 

 

 

【あとがき】

今回は、芋焼酎の「虎斑霧島」を紹介しました。

霧島酒造と言えば、いくつもの芋焼酎を販売している大手メーカーです。

その霧島酒造が現状に満足せず、新しいものを考え、次々と新商品を

発売してくる、その積極的姿勢は素晴らしいと思います。

きっと焼酎は、まだまだ進化していくのでしょうね(・∀・)

 

もし、店頭などで見かけた際は、がるっとふわっとな虎斑霧島を

一度楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

今回のお酒広告

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虎斑霧島(とらふきりしま) 芋焼酎 25度 900ml 霧島酒造
価格:1269円(税込、送料別) (2019/7/23時点)

楽天で購入

 

 

 

 

過去の関連記事

芋焼酎の記事を集めてみました。

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

 

 

 

 

その他

当ブログを読んで、また読んでもいいな~って

思っていただいた方、ぜひ読者登録をお願いしますm(__)m

 

また、ブログサークルやTwitterもやっていますので

フォローしていただけると嬉しいです。

 

読者登録返しやフォロー返しさせていただきます(笑)
 

ブログランキングにも参加中です。この記事良かった!って

思っていただけましたら、下記タグのクリックをお願いします。

 

【人気ブログランキング

 

ブログ村ランキング】

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

 

 

それではみなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)