ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

白州18年〈BAR飲み〉

こんにちは。ZeekなGoeです。

当ブログへのご訪問、ありがとうございますm(__)m

 

当ブログでちょくちょく紹介している、YouTubeのCROSSROAD LABさんの

チャンネルで衝撃的な内容が紹介されていました!

(衝撃を受けたのが、私だけだったらどうしよう・・・(´・ω・`))

 

その内容が、ニッカウヰスキーの看板商品の1つである「竹鶴」

終売するという内容になります( ゚Д゚)!!

www.youtube.com

現在、竹鶴ノンエイジ、竹鶴17年、竹鶴21年、竹鶴25年が

ラインナップとしてありますが、全て2020年3月で終売するそうです。

ちなみに、竹鶴ノンエイジはリニューアルして発売されるそうですが

中身は別物と見て間違いないでしょう。

 

当ブログでも竹鶴については、記事をアップしました↓↓↓

www.zeek-goe.xyz

 

ただでさえ、ウイスキーブームでいろいろウイスキーが手に入らない状況の中で

この追い打ちはちょっと厳しいです(´;ω;`)ウゥゥ

 

さすがに竹鶴ノンエイジは終売しないだろうとタカを括っていたら

終売しちゃいました(笑)

恐るべし、ウイスキーブーム((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

ウイスキーを飲まれる方、店頭などで見かけたら、購入を検討してみても

いいかと思います。

一度終売すると、さらに値段が高騰しますので・・・。

 

というわけで、ちょっとした情報展開でしたm(__)m

 

 

 

 

さて、今回はウイスキーのBAR飲み記事です。

銘柄はサントリーウイスキーの「白州18年」となります。

さっそくレビューしていきたいと思います。

f:id:Zeek-Goe:20200112212601j:plain

 


[目次]

 

 

 


このお酒について

【お酒概要】

サントリースピリッツ株式会社が製造・販売しているお酒です。

サントリーと言えば、山崎&白州と言った2大シングルモルトウイスキーが有名です。

今回レビューする白州18年は、18年以上熟成された原酒を使用した

ウイスキーとなります。

18年はボトルで購入しようと思うと、かなりのお値段になります。

といいますか、そもそも入手困難だったりします(´・ω・`)

ブランドサイトがありましたので、こちらからどうぞ↓↓↓

www.suntory.co.jp

 

 

 

 

【ボトル表面】

ボトルは緑。和紙を思わせるラベルですが、ノンエイジ品と違って

色褪せたようなデザインとなっています。

熟成年数が進むにつれて、ラベルデザインも色褪せていく仕様となっている

みたいです。

f:id:Zeek-Goe:20200112212637j:plain f:id:Zeek-Goe:20200112212748j:plain

 

 

 

【ボトル裏面】

裏面ですが、しっかりと説明文が記載されていましたね。

ではさっそく引用します(笑) ←すぐ引用するなヾ(`Д´*)ノ

 

~以下、裏面説明文引用~

南アルプス甲斐駒ヶ岳のふもと白州は、日本の名水百選・尾白川で知られる

名水の里。白州蒸留所の創設は1973年。南アルプスの天然水で仕込み、

本桶発酵、直火蒸留したモルト原酒を森に抱かれた貯蔵庫で育んでいます。

このウイスキーは、酒齢18年を超える長期熟成原酒から吟味したシングルモルト

香りはドライで深く、熟した果実を想わせる。味わいは甘味とウッディネスが

絶妙に調和。後味にかすかなスモーキーの心地よい余韻。最初の一杯は

ぜひ、ストレートでお試しください。

 

この説明だけで、素晴らしいウイスキーと感じてしまいます。

f:id:Zeek-Goe:20200112212808j:plain f:id:Zeek-Goe:20200112212823j:plain

 

 

 

 

色・香り・味わい

メーカーが推奨しているストレートで頂きました。

色はゴールド。ドライフルーツを連想させるフルーティーな香り。

少しだけ、スモーキーさを感じます。アルコールの刺激臭は驚くほど少なく

とても熟成された香りです。

味わいですが、口に含んだ瞬間に感じるフルーティーな甘味と木樽を感じさせる苦味

あとからくる少々の辛味。

しかし、全ての味わいが融合されており、とにかくバランスの良さを感じます。

正直、ストレートで飲んでいますが、他の飲み方はちょっと考えられないぐらい

ハイスペックなお酒だと感じました。

ストレートの強いアルコール感が苦手という方でも、もしかしたら飲めるかも?

って思えるぐらい丸い柔らかな味わいとなっています。

 

この時は、おつまみとしてミックスナッツを一緒に頂きました。

チーズや燻製乾物より主張の少なそうなイメージだったので、チョイスしました。

f:id:Zeek-Goe:20200112214858j:plain

 

 

 

 

総評

『香り』


 フルーティー ・ ・ 〇 ・ ・ スモーキー


『味』


     甘い ・ 〇 ・ ・ ・ 辛い


『流通(入手難易度)』


     簡単 ・ ・ ・ ・ 〇 レア

 

※私個人の見解です。

 

 

 


あとがき

今回は、「白州18年」のBAR飲みを記事でアップしました。

正直、1ショットのお値段がなかなか張りましたが、今の入手困難な状況を考えると

とても至福の時を感じることができました。

今後は、もっと入手が困難になる可能性があるので、BARでしっかりと楽しみたいと

思います。

BARでいろいろなウイスキーを楽しんでみるのも一興かと思います。

 

 

 

 

今回のお酒広告

ボトルで購入するとかなりお高いです(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

 

 

過去の関連記事

過去に紹介した白州の記事になります。 

www.zeek-goe.xyz

www.zeek-goe.xyz

 

 

 

 

その他 

当ブログを読んでいただきありがとうございます。

また読んでもいいな~って、思っていただいた方

ぜひ読者登録をお願いしますm(__)m

また、ブログサークルやTwitterもやっていますので

フォローしていただけると嬉しいです。

 

読者登録返しやフォロー返しさせていただきます(笑)
 

ブログランキングにも参加中です。この記事良かった!って

思っていただけましたら、下記タグのクリックをお願いします。

【人気ブログランキング】 

ブログ村ランキング】

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

次回の更新は1月16日を予定しています。

(都合により、更新日を変更する場合がありますので、ご了承ください)

 

それではみなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)