ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

【ウイスキー】ボウモア12年

こんにちは。ZeekなGoeです。

 

皆さん、クレイジージャーニーという番組をご存じですか?

最近、この番組はヤラセ問題があったりと良くない話がありましたが・・・(´・ω・`)

そのクレイジージャーニーのDVDを先日借りてきてました。

借りた理由は、ウイスキーについて特集された回があったのです。

f:id:Zeek-Goe:20190915115342j:plain

 

 

ウイスキー界では有名な「目白田中屋」の店主、栗林幸吉さんの

スコットランドアイラ島の蒸留所巡りをするという内容でした。

栗林さんのウイスキーに対する情熱がとても伝わってきて

気が付いたら、目が離せなくぐらい集中して見ていました(*ノェノ)

普段見れない、蒸留所の中も撮影していたので

蒸留所の中がどういった感じか、分かるのも非常に良かったです(・∀・)

皆さんも、機会がありましたら、一度みてはいかかでしょうか?

ウイスキーのディープな世界にハマること間違いなしです!!

f:id:Zeek-Goe:20190915122221j:plain f:id:Zeek-Goe:20190915122249j:plain

 

 

 

 

さて、本題です。

今回はウイスキーの記事です。銘柄は「ボウモア12年」です。

先ほど紹介したクレイジージャーニーでも出てきた蒸留所のウイスキーです。

では、さっそくレビューしていきましょう!!

 

 

[目次]

 

 

 


このお酒について

【お酒概要】

このお酒は、スコットランドアイラ島にあるボウモア蒸留所の

シングルモルトウイスキーです。

このボウモアはアイラの女王と呼ばれ、数多くのウイスキーファンに愛されています。

 

ボウモアは下記の特徴があります。

・ピート(泥炭)による、かなりスモーキーな香りや味わい。

 人によっては焦げ臭いや薬品臭いと言う人も。

・海の傍にある蒸留所である為、味わいにどこか塩辛さもある。

 

ボウモア蒸留所は、アイラ島の中でも最古の蒸留所で、今も変わらぬ昔からの

製法でウイスキーを作り続けています。

 

基本的に麦芽製造を別会社に委託している蒸留所が多い中で

全ての工程を1から全てボウモア蒸留所の中で行っています。

 

現在はサントリーがオーナーを務めているそうで、サントリーのサイトから

ボウモアの製品情報を見ることができます。

ボウモアの情報サイトはこちら↓↓↓

www.suntory.co.jp

 

 

 

【基本データ】

タイプ:シングルモルト

蒸留所:ボウモア蒸留所

輸入メーカー:サントリー

アルコール度数:40%

原材料:モルト

容量:700ml

 

 

 

【ボトル表面】

ビンは透明。とてもスリムなボトルで、どこかワインチックなところも。

白のラベルで中央には蒸留所のイラストが記載されています。

結構飲んだ後だったので、ウイスキーの量が少ないです(*ノェノ)

f:id:Zeek-Goe:20190914213855j:plain f:id:Zeek-Goe:20190914213911j:plain

 

 

 

【ボトル裏面】  

裏面は、輸入メーカーがサントリーの為か、日本語表記に変更されています。

最低限の情報しか記載されていませんが、そのシンプルさが逆にいいですね。

f:id:Zeek-Goe:20190914214058j:plain f:id:Zeek-Goe:20190914214114j:plain

 

 

 

 

色・香り・味わい・飲み方比較

【①ストレート】

色は琥珀色。スモーキー主体の香りではありますが

リンゴやナシのようなフルーティーな香りも感じます。

口に含むと、アイラモルト特有の煙たさと塩辛さを感じますが

その奥で果実のフルーティーな甘味も感じます。

12年熟成ということもあり、ストレートで飲んでもまろやかな味わいですね~。

ストレートは、かなりおススメですね(・∀・)

f:id:Zeek-Goe:20190914214309j:plain

 

 

 

【②ロック】

ロックです。スモーキー主体の味わいにそこまでの変化はありませんが

多少、甘味が強くなった感じがします。

しかし、後味の塩辛さは特に変わりませんね~。

いくつもの複雑な味わいが、氷が溶けることによって変化する

ロックもなかなかいいですね~。

f:id:Zeek-Goe:20190914214334j:plain

 

 

 

【③水割り】

水割りです。加水してもスモーキーさは変わりません( ゚Д゚)!!

しかし、奥深くに感じていた甘味だけ

どこかへ行ってしまいました。なんで(。´・ω・)?

スモーキーさだけ残る、よく分からない味わいになってしまいました。

スモーキーさの中にも、甘味のある味わいがボウモア12年の醍醐味だと思いますので

ちょっと、この飲み方はおススメできないですね~。

f:id:Zeek-Goe:20190914214358j:plain

 

 

 

【④ハイボール

ハイボールです。スモーキーさは相変わらずですが

水割りと違って甘味が残っています。

そしてその甘味が、少し酸味に変わり、とても面白い味わいになりました。

ハイボールのイメージがあまり無いアイラモルトウイスキーですが

これは美味しいですね(・∀・)

f:id:Zeek-Goe:20190914214428j:plain

 

 

 

 

 飲み方によるおススメ度

①ストレート→〇 ②ロック→〇 ③水割り→× ④ハイボール→〇

 

※私個人の見解です。

 

 

 

 

総評

『香り』

 フルーティー ・ ・ ・ 〇 ・ スモーキー

 

『味』

     甘い ・ ・ ・ 〇 ・ 辛い


『流通(入手難易度)』

     簡単 ・ 〇 ・ ・ ・ レア

 

 ※私個人の見解です。

 

 

 

 

あとがき

今回は、「ボウモア12年」を紹介しました。

アイラモルトウイスキーの代表格でもある、このウイスキーですが 

その独特な味わいから、好き嫌いがはっきり分かれるウイスキーではあります。

 

ただアイラモルトウイスキーを味わったことが無いという方には

このボウモア12年をおススメしたいですね~。

アイラモルトウイスキーの中では、そのスモーキーさが割と中間的な位置に

あるので、初心者の入門編として、とても適した味わいだと思います。

 

このボウモア12年を飲んで、美味しいと感じた方は、間違いなく

アイラモルトウイスキーにハマれることでしょう!!

 

逆にあんまりと感じた方は、アイラモルトウイスキーには向いていないかも

しれませんが、それは間違ったことではありませんので、お気になさらず。

 

ウイスキーの味わいも多種多様ですので、自分に合ったウイスキー

見つけられればいいので、いい経験をしたと思っていただければ

全然問題ないです(・∀・)

 

皆さんもアイラモルトウイスキーのディープな世界を一度体験してみては

いかかでしょうか?

 

 

 

 

今回のお酒広告

 

 

 

 

 

過去の関連記事

スコッチウイスキーシングルモルトウイスキーの記事を集めました。

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

zeek-goe.hatenablog.jp

 

 

 

 

その他

当ブログを読んで、また読んでもいいな~って

思っていただいた方、ぜひ読者登録をお願いしますm(__)m

 

また、ブログサークルやTwitterもやっていますので

フォローしていただけると嬉しいです。

 

読者登録返しやフォロー返しさせていただきます(笑)
 

ブログランキングにも参加中です。この記事良かった!って

思っていただけましたら、下記タグのクリックをお願いします。

【人気ブログランキング

 

ブログ村ランキング】

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

次回の更新は9月22日を予定しています。

(都合により、更新日を変更する場合がありますので、ご了承ください)

 

それではみなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)